クレジットカードは自動審査とマニュアル審査を組み合わせています

自動審査でシステム化されています

クレジットカードを申込むと、審査が1時間程度で完了してしまうことも珍しくありません。職業や他社借入状況など入力した項目により属性を数値化したスコアリング審査が一般的だからです。クレジットカード会社が求めている審査通過ラインを数値化することで、ある程度自動的に審査回答が出せるようにシステムが作られています。ボーダーラインを上回っていれば是非とも加入して欲しい見込み客となるので、審査は簡略化されて進むでしょう。

手動審査は人の目で確認します

入力した個人情報と個人信用情報機関からの情報にズレや間違いがある場合には、人の目を介して慎重に審査を行うマニュアル審査へ切り替わります。複数の方法と本人への連絡を行うことで、入力内容の修正や他社借り入れ状況を詳細に確認した上で総合的な判断を行う必要があるので、ベテランの審査担当によるチェックが入り、疑わしい場合には否決されます。詳細な内容まで確認するために、マニュアル審査は丸1日かかることもあるので、マニュアル審査とならないように個人情報の入力は正確性を期すと良いでしょう。

審査基準は社内事情により変わります

多くの申込者の中から加入OKとする審査基準は、スコアリング点数も社内事情により上下します。リスク管理をどの程度とするかは、クレジットカード加入者数と回収率に左右されるので、収益性を上げるために加入者を多く必要とするならスコアリング点数を引き下げてキャンペーン期間のみ審査を柔軟にするなどの対応がされます。クレジットカードの申込みは大々的なキャンペーンを行っている時に行うことが重要です。同じカード会社の中でも力を入れている商品に申込みを行うことが望ましいですよね。

クレジットカードはお金を払っているという感覚が薄くなってしまうので、使いすぎないように注意が必要です。