ゲーム専門学校によるスキル習得!未来のために

ゲームクリエイターになる道

ゲームをする人はとても多いです。そして、やっている人のいくらかは作る側に回りたいと考えるものです。それは当然であり、別に珍しいことではないです。それをそのまま夢で終わらせるのか、それとも実行に移すのか、ということが人生の分かれ目であるといえます。ゲームクリエイターなる道は険しいですが、まずは専門学校に通うことがお勧めできます。そうすればまずは第一歩を踏み出すことができるようになったといえるからです。

どんなことを学ぶのか

ゲーム専門学校出はどんなことを学ぶのか、といいますと意外と様々です。まず、自分が何をしたいのか、ということからも変わってくることになります。具体的にいいますとプログラミング、デザイン、ミュージック、シナリオライターなどが大別するとあります。このどれかになりますが、いくつかは並行して進めることができます。デザインをしつつ、プログラミングも、と言う人は少なからずいますし、ライターとプログラミングを学ぶ人も多いです。

潰しが効くのかどうか

こうした商売を目指す場合、どうしても潰しが効くのかどうかを気にする人がいます。それはそれで将来設計としては素晴らしいといえますが、そこを考えすぎていますと身が入らないようになります。ですから、決めた道であるならばその道のためのスキルに特化するべきです。まずはゲームをとりあえず一本作ってみることです。クリエイターの大事なところはとりあえず作ることであり、成功体験こそが糧になります。専門学校でも課題で作らせるのはそうした意味があります。

近年、ゲームの腕を競うe-sportsという新しいプロスポーツが注目を集めています。ゲームの専門学校では新たなビジネス分野として、プロゲーマ—やゲーム実況者などを目指すコースも設けています。