しっかり押さえて!相続税の相談をしやすい税理士の特徴とは

何故税理士への相談が必要なのか

相続税の計算や申告は非常に複雑で、自身では簡単だと思っても税理士に相談しておくことで今後の税務調査などを避けることができる場合があります。しかし初めて利用する人にとっては敷居が高く、どのような税理士に依頼すればよいのかわからないということも少なくありません。特に最近では税理士の数も多く、俗にいうハズレ税理士にあたってしまうことも少なくありません。そのような事態を避けるために、相続税の相談などがし易い税理士のポイントを見極めておかねばなりません。

まず無料相談を活用する

現在多くの税理士事務所などでは簡単な無料相談を受け付けています。というのも税理士によって得意な分野が違うため、依頼を受けてから正しい処理が行えなければ当人のメンツだけでなく、今後の仕事について大きな影を落としてしまいます。また相続税の申告などによる費用の問題もあるため、無料相談を活用し、相続税の申告などに必要な費用、税理士自身の知識の深さなどについてしっかり確認しておくと良いでしょう。これは自身だけでなく税理士のためにも重要なポイントです。

事務所の状態などもチェック

ある程度税理士の知識の深さなどについてチェックが終わったら、次に重要なのが相性です。相続税の申告が終わって今後の資産運用なども税理士に依頼する人は多いですが、その際なんとなく相性が悪い人同士だとレスポンスが悪化してしまったり、適切な資産運用が行えない場合などがあります。そのためいくら有能な税理士であっても、自身と相性が悪いと思ったら別の税理士に依頼するのも一つの手です。上記のポイントをしっかり押さえ、相続税の相談を行う税理士を決めることが重要です。

相続税の対策は万全にすべきです。相続税の税理士なら、節税対策に有効ですから、信頼できる事務所を探すことがポイントです。