火災保険に入っておかないといざというときに大変です

もらい火で火事になっても損害賠償できません

日本は、木造家屋が多く、昔から火事は多い国でした。そこで、民法では、隣家からのもらい火で自宅が全焼してしまった場合、損害賠償を求めることはできないことになっています。民法には、生じた損害を賠償する責任を負う、という義務がありますが、失火法という特例があり、火事の場合は特別であることを明記しています。つまり、日本では火災による経済的な損失に対して火元などに対して損害賠償は請求できない法律となっています。

そのためにも火災保険は大切

ですから、自分の身は自分で守ることが大切です。私たちは、建物や家財道具などいろいろな財産を所有しています。これらを火事によってなくしてしまえばすべて終わりです。しかし、火災保険に入っておけば、現物はなくなってもそれを保証するお金が入ってきます。火災によってなくなったものは、入ってきたお金で新たに購入すれば良いのです。今や火事はそんなに頻繁に起こることではありませんが、しかし、いつ自分の身にふりかかってくるかはわかりませんね。

どの火災保険を選ぶかは保険の窓口などで

でも、火災保険っていろいろあるし、迷ってしまう、という方には、保険の窓口ののようにいろいろな保険を扱っているところに相談にしてみましょう。また、火災保険の会社のホームページを見て資料を送ってもらうことも良いです。いろいろな会社の資料の中からご自分のプランに合うものを選ぶと良いですね。昔から、備えあれば憂いなし、と言います。万が一のために火災保険に入っておくことをお勧めしますよ。あっという間に全てを失うか、後で現金が戻ってくるかはあなたの決断次第です。

火災保険は火災、風水害、落雷等の自然災害も補償されます。建物や家財など対象ごとの保険加入が必要です。